忍者ブログ
θ-theta- 米澤杏のどうでもいい日々
[20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私、米澤がシナリオを愛してやまないゲーム、龍が如くシリーズの
最新作「龍が如くOF THE END」の公式サイトを見てきたらべっくらこいた。
今回の主人公である真島吾朗/桐生一馬/郷田龍司/秋山駿の4人が
思いっきり武器を持って(普段は喧嘩バトルなので素手が普通)いる
デザイン画を見た時点で、あ、何かあるなとは思っていたものの、
まさか本気で敵がゾンビとは…!
バイハ状態ですね。

本格ジャパニーズヤクザゲームを売りにしていたところがあるので
賛否両論巻き起こりそうですな。
とりあえず映画を見ているかのようなすばらしいムービーだけは
失わないでいただきたい!と私は声を大にして言いたい。
私はシナリオが面白ければそれでいいんです。
「龍如」シリーズはゲームを映像作品として楽しめる作品なので
ゲーム部分は旦那にやらせて私はムービーを楽しむんです。

OF THE ENDと銘打って、さらに物語の根幹を揺るがすような
見事なぶっ壊し方をしたわけで、おそらく「龍如」シリーズは
これが最後になるんだろうな…。
2005年のクリスマス時期に旦那がたまたま手にとって買ってきた
ことがきっかけで私のほうがこのゲームの内容に嵌って、
それからもう五年たつわけで。
確かに毎回主人公が変わるドラクエやらFFシリーズとかとは違って、
共通で一人の主人公とヤクザ組織の戦いとなると、
シリーズが終わってしまうのも仕方ないことかもしれないなぁ。
キャラを一掃すればいいのかもしれないけれど、
やっぱり桐生一馬あっての龍が如くだからね、彼が存在しない
龍が如くはやっぱり違う気もする。

無理に長引かせて質が落ちていくより、今回で終わる形も素敵かもしれない。

私はもちろん今回もプレイはしないよ(笑
横で見てるだけだよ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
最新CM
最新記事
(06/13)
(04/14)
(03/23)
(03/18)
(03/12)
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) DIARY All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]