忍者ブログ
θ-theta- 米澤杏のどうでもいい日々
[35] [34] [33] [32] [31] [30]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DVDの感想置き場のようになっているこのブログ…
それでも今回見たのは
・ボックス!
・インシテミル
・ギネ-産婦人科の女たち-

【ボックス!】
大阪が舞台の高校アマボクシングのお話でした。
とにかくベタベタ!
練習嫌いのカブ(市原隼人)、でもボクシングの才能に恵まれている
超真面目なユウキ(高良健吾)、ボクシングの才能は全くなかったけれど努力で強くなる
この図式だけでもベッタベタでしょう。
市原隼人に思いを寄せる谷村美月は死ぬわ、何だわで
ますますベタベタ。
ただ、高良健吾の存在によって、市原隼人が真面目に
取り組むようになったり、ライバルに負けることで
自信を失ったり、色々ベタではあるけれど
そこは描かれていて好感が持てる。
ただ市原隼人最近こういうゴンタのキャスティングが
多いよなぁ。
ルーキーズの影響だろうけど…。
せっかくウォーターボーイズの時みたいな
普通のヘタレ男も出来る子なんだから
他の配役でも良かったかなーと。かなりきついとは思うがユウキ役とかね。
というか市原隼人もそろそろ高校生から脱皮したい所だろうなぁ。
顔立ちが幼いから仕方ないか。

【インシテミル】
なんかさ、がっかりだよ!な感じでした。
ちょっと期待してたんだ。
「ソウ」シリーズっぽいのかなとか思って。
いざ蓋を開けてみるとスプラッタ要素も心理戦としても薄い。
一体なんだったんだ…という作品でびっくり。
旦那に腹パンチしたことは言うまでもありません…。
ここでもボックス!同様キャスティングに飽きを感じた。
主演の藤原竜也だ。
バトロワ以降、こういう演技ばかりが求められているのだろうか。
もう打ち止め的な感も否めない。
というか小説原作のようで、小説読んだほうが良かったのかな…
なんていまさらなことを思ってみる。
リング、らせんにかんしても同じ事思ったな…。
小説の方が面白いって。

【ギネ-産婦人科の女たち-】
テレビドラマでした。
藤原紀香と上地ゆうすけを敬遠してみてなかったのですが、
いざ見てみると十分に見られるドラマでした。
今回紹介した中では見てない方は是非見てみてもいいよという作品。
帝王切開シーンが苦手な方は無理かもしれないですが、
ほぼ毎回の如く帝王切開の嵐なので(笑
産婦人科医不足とか医療過誤での裁判なんかもあったりで
まあ産婦人科医ってこんなもんなんだろうなぁと。
ただ、出産を控えられている方は見ないほうが無難。
怖くなりますよ。
それほど出産というのは母子共に健康が当たり前ではないということを
考えるドラマでした。
余談ですが、松下由樹のまぁ綺麗なこと…!このドラマで見た松下由樹は
他のドラマで見るよりすごく綺麗に見えました。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
最新CM
最新記事
(06/13)
(04/14)
(03/23)
(03/18)
(03/12)
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) DIARY All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]